「コロナの講座」は、「ココロの講座」

最終更新: 2日前


【講座の依頼が来た】


久しぶりに、大勢(笑) 6人の前でお話しました。

当初の依頼は

「コロナウイルス」「除菌や消毒用アルコール」の話。


でもね、違和感があったんですよ。

「もう散々ワイドショーでやっていて、世の中にテレビや新聞、SNSでコロナの情報はたくさん出回っているのにどうして、依頼が来るのだろう」

「世の中のメディアの通達力って、こんなものなのか」


そして

「あえて私に依頼が来るのは、何でだろう」

「どうして、私の講座を聞こうと思うのだろう」


引き受ける前に、依頼を連絡くださった彼女には、

私のブログを読んでから、

打ち合わせをしてからでいいですか?

「コロナについてだけじゃなくて、その裏にあるココロについても話さないといけなくなる」

と、伝えてOKを頂きました。


あ~私って、本当に面倒なオンナですよね。


【私の自分軸】


「ま~、ホントにコロナっていつまで続くんだろうね~」

と、切り出す人に、私は一気に疲れてしまいます。


「そんなの考えても仕方ないじゃん」

「自分で考えて動くしかないじゃん」

「WITH CORONAって、言ってるじゃん」おしまい、チャンチャンです。


地域、職種、状況によっても違うし

人によっても考えが違うのに、

どうしてわざわざコロナの話をするのだろう。

この人は、この話をして楽しいのだろうか。

結局イライラするだけじゃないのか?、って思うんです。


仮に、東京への行き来があった人に対しても、私は何も思いません。

会わなければならない人なら、気を付けて合うのだろうし、会う必要が無い人なら、会わない。(ちなみに東京にいる娘たちとは、会えていません)


他人が、どうするかも、実は全く興味がありません。

一体どんな事情の、何人の県外の人が、この狭い香川県に日々行き来しているのか分からないのに、特定の「誰か」の批判をしている余裕などありません。

自分の管理で、日々精いっぱいです。


中野信子さんの本によると、人は「悪い事をしている人を注意すると、快感を感じる」らしいですよ。確かに、子供を叱ったり、人の悪口を言う人の顔って、私には「快感を感じている」顔に見える事があります。



<心掛けている事>

・手洗いうがい。外から帰ったら夕方なら即入浴。

・お客様が触るところの、「除菌=ウイルスと菌を出来る限り減らす=リスクを減らす」掃除

・密な場所を避ける

・対策をしている場所、対策をしていそうな人が行く場所を選ぶ

・免疫を付ける(食べる、寝る、笑う、ストレスを溜めない)

・分からない事は自分で調べる

・嫌な話をする人の側に行かない


これだけです。

お仕事もスローペースです。1日1名さま。

人は、同じ感覚の人同士が寄ると思うので、とても気を付けています。

【講座のメインは、自分軸や不安に関して】


ウイルスの話のはずなのに、どうして

「自分軸がどうだ」

「不安と恐怖の違いはどうだ」

「自分で決めた事に腹をくくれ」

「ストレスとは、どういうものか」

などという、話になるのだ・・・・


そんな空気も感じました(笑)

だけど、そこに気付かずに、

良さげな話ばかりを、都合よく切り取って聞くから日常が不安にまみれる。


難しい事を、あえてキチンと調べて納得する作業をしなければ、答えなどそう簡単にたどりつきません。子供にも言いますよね、勉強しなさい。役に立つからって。


↑コロナで色んなモノや人、話題に振られた自分とはどういう状態をいうのか。

疲れるとはどういう状態のことか。

そして日常において

良い事、楽しい事が続く毎日が、必ずしも「いい事」では無いんだよ!という話。


↑どうして、人は話を合わせるとしんどいのか。

その時はどうなっているのか。

もちろん合わせる以外の方法、自分軸を持ったまま、相手と合わせる方法もお伝えします。


-----------

あ~楽しかった、という講座を目指していません。

何か起きた時に、

「役に立つ内容」「気づきのとっかかり」になる話を目指しています。

だって、お金を頂いて、講座に来てくれているのに・・・。


そもそも、楽しかったかどうかは、

お客様、生徒様が決める事です。


そして今回、若干の疑いを感じつつも、

みなさんお話に、付いてきてくださいました(笑)


障害者支援施設の職員様あての講座です。

翌日から、「コロナの対策を見直しにすぐに入る」と想像もするし

「利用者の家族の方からの対応に役に立つように」とも思って、


「有益な話し合いの仕方」

「何と戦っているのかの確定」

「失敗した時の責任を取る覚悟」

これらに役に立てばいいなと思うお話もしました。


旧小学校の校舎を利用した、自然の中の施設です。

もう、気持ちがいいの。

季節の無農薬野菜や、工芸品、こだわりの材料のクッキーなどを作っています。

クッキーやお野菜もたくさんいただきました。



【個人向けにも開催しています】


私の講座は、基本はマンツーマンです。

その人が具体的に「何に困っているのか」を聞き、


「して欲しい事」をお伺いします。

「気持ちの整理のお手伝い」

「自然療法で、出来る事」

「トリートメント、Relax」


分からない事、出来ない事は、引き受けません。

努力して対応出来るものには、努力をして確認してから、ご提供します。


この「コロナの講座」は、

「知りたいことを学ぶ講座」で

2時間 5,000円(税抜) 

資料代込み

で、おこなっております。

(複数人数での受講、企業研修の場合は要相談)


お申込みは、

こちらの「申し込みフォーム」

講座の種類は、

「知りたいことを学ぶ講座」からどうぞ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/f27f2ddb345741

​営業時間

 

9:30~21:00

​*時間外応相談

​*不定休

Wix.comで作成。有料プランです。

​HP作成のお手伝いもしています。

アクセス

 

香川県高松市屋島中町

駐車場2台

​(詳細はお申込み後にご連絡します。レグザムフィールドの近くです)

コトデン潟元駅 徒歩5分

JR屋島駅 徒歩15分

高松自動車道 

​高松中央ICより20分​