モニタートリートメントの内容と有料について

更新日:3月15日



何をモニターしているのか
  • こんにちは!のお出迎えしての流れを見直している。

  • お手荷物の保管場所を悩んでいて、どこがお客様は安心して貴重品を置けるのかをお伺いしている。

  • 足湯の20∼30分の時間を、どの様に過ごそうか考えている。精油のチョイスは必ずするので、ほぼその時間に当てるが、黙って過ごしていたいとか、目元を温めながら寝ていたいとか・・・・、希望は無いのかお伺いしている。

  • お着替えして、足湯にお入り頂くまでの時間が、お客様によって差があるので、そこを統一したいと思っており、どの様にご案内したら「早く着替えて欲しい」風にならないかをあれこれ試している。

  • 最初にお出しするものを、お白湯にしているのですが、本当はハーブティとかが嬉しいのかな・・・選んで頂くのもありだけど、私は施術前や普段はお白湯を飲んで欲しい。と思っており、手を抜いているのではなくこだわりでお白湯だという事をどう伝えようか悩んでいる。いや別に悩むレベルの話ではないのだが・・・・

  • 今はスクールで習ったことをそのまま行いたい気持ちがある。今までの強い手技がところどころ出てきてしまい、そこを今、矯正しています。しっかりでも優しい、丁寧、そこを練習しています。

  • 施術中はほぼ、習った時の感覚を思い出すために目を閉じております。(お身体の声も聴いております。途中、時々お部屋の温度や何か不具合が無いかお伺いします。もちろんお客様からなんでも、お話をしてくださっても大丈夫です。)

  • タオルワークに関して今一度見直しています。なるべくお部屋を暖かくして、かけるものは薄くして、もぞもぞ感を減らしたいと思っています。

  • ロングコースの為、横に120分∼150分横になる際のお身体のしんどさを軽減できるように、足を高くしたり、頭に枕を入れたりしています。人によっては、なにも何も挟まないのを希望するので、その高さ、タイミングを試行錯誤しています。そして、ホッパックをお腹や、目元などに置くのですが、そのタイミングや流れも試行錯誤しています。

  • 施術の最初の方は、ジェルの基材を使います。精油をブレンドしたオイルの利用が後半になるので、足湯の時に選んだ香りをどの段階で、どのように楽しんで頂くかを考えております。


有料にする理由

今回は、どんな理由で有料にするのか、そして現在どんな意見が寄せらているのかをまとめます。今回の料金は11,000円。普段の90分の料金。これで120~150分受けて頂いています。


<有料にした理由>

  • 新しい技術の部分は「無料」で受けて頂いているつもりです。その土台となる技術は、それまでの私の築いて来たものであって、その経験には、価値があると思っているので、その部分は有料。そうでないと自分がつらくなる。

  • 普段の定価を頂く事で、何があっても「お客様」として感謝出来る。無料にしてしまうと、モニターの方は、友達なのか、知り合いなのか、通りすがりの人なのか、あやふやになる。

  • もし「苦手」と思う方(無料ラッキーと思う方。今後絶対に来ない方。)が来られた場合、もはや仕事への参考・モニターにならなくなる。(私は、「お客様」で嫌な方はいらしゃいません。百貨店の時からそうでした(笑)。本当です。今はそのバランスを取る為に、価格も、働き方も常に考えています。)

  • 足湯、精油のブレンド、お洗濯、準備や後片付け、消毒お掃除などの時間は「お仕事・労働」


<有料のメリット>

  • その料金(今回なら11,000円)で、来てくれる方がいるかどうか判断できる。1人も来なければ、すでに何か間違えているという事に気付ける。対策が出来る。無料だと、何も分からない。施術やサロン、私に興味があってこられたのか、無料だから施術やサロンには興味はないけれど、体を楽にしたくて来られたのか・・・。手順確認なら、人形でも出来る。

  • 気持ちいいか、不快か、は「お金払って期待して来られた人」は、自分事として考えてくださるので、本気で答えてくれる。無料の人は「無料だし、ネガティブな事も言ってもいいのかな」という遠慮が出る可能性がある。そこも判断しにくい。

  • 上記の理由と、さらに料金を頂く事で、自分的には言い訳が出来ないプレッシャーを味わえる。モニターの方のネガティブなご意見も謙虚に素直に伺うことが出来、自分の仕事にフィードバック出来る。無料でのご意見も大事ではあるが、「(この方が、普段どういう価値観で過ごされているかまでは分からない為)どこまで参考にできるか」が分からず、取り入れるのが難しい。

  • 設定した金額を見て、その金額を支払ってもいいと思う方が来られる。無料だから来られたのか、トリートメントに興味を持って来られたのか、悩む必要がなくなる。有料になったら来ないだろうお客様のご意見が、どれだけ自分の今後の役に立つのか考えると有料しかない。(ただし、とにかく練習したい、とにかく多くの身体を知りたい、という場合は無料でもなんでも来て頂く選択肢はアリと思う。また、症例を30も40を取らないといけない場もとにかくたくさん来て頂く事を目的にしないといけないと思う。要は、いつまでに何をはっきりさせたいのか、という目的を明確にすることが大事と思う。)

<設定料金>私の場合。


  • 他に基準がないからこそ、良く考える。

  • 高いか安いかは、お客様が決めること。結果はお客様が決めて下さる。それを素直に受け入れる。

  • 自分が気持ち良く働けて、惜しいとか、思わずに出来る金額。そして、設定し合たらそこに向かってひたすら努力するだけ。

  • もしそれでお客様が来ない時は何が足りないのかを考える。商品なのか、価格なのか、お知らせの方法(集客)なのか、そもそものスキルなのか。

いずれにせよ、お金、時間、人、いいものを周りに置けることに繋がっているかどうかを考えて、最後はちゃんと自分が自分の手と頭で努力するかどうかだと思う。今やっている事を続けて行った先に何を見たいのか?を考えると努力しやすい。


頂いている意見(4月までこの部分は更新し続けます)
  • (前のを知っているから)前のが気持ち良かったので、どうしてこれだけにしちゃうの?そんなの・・・え~~~(;´・ω・)残念。選べるようにして。私はこれからどうしらいいの。

  • もっとたくさんコリを揉んで解してほしい。高嶋さんの、痛くない。気持ち良かった。(終わった後に、30分普段通り揉みました)

  • もっと、しっかりと流して欲しい。

  • 足のむくみをもっと取るような手技を入れて欲しい。足の先のは気持ちがいい。

  • テケテケ・・・、おもしろい。とにかくテケテケは全部痛い。キャーってなる。肩甲骨のところがめっちゃ痛い。肋骨付近(とくに脇腹付近)痛い。首の後ろ痛い。思ったより痛くない。気持ちいい。(多数意見をまとめています。眠る人もいました。)

  • フェイシャルやばい。眠りに落ちる。緩む。

  • (食いしばりがある方)最後の顔の矯正がめっちゃ痛かったけど、言ったらきっとやめるから言わなかった。おかげで軽くなった。(いや、痛い時はおっしゃってください(;´・ω・))

  • 最後の方の頭のやつ、爆睡して覚えていない。

  • (本当にお疲れの方が来られて、普段の手技も半分くらい入れた)今度、全部天使の羽工房さんのやつでやって欲しい。足の(ニーディング)のリズムと優しい手の感じがすごく気持ちいい。今度はもっと元気な時に来る(笑)

  • 今までの高嶋さんの中で一番優しさを感じる。(たぶん褒めてる)

  • 今までのをゼロにするんじゃなくて、これを踏まえたミックスバージョンを考え出せ。テケテケは絶対入れて、その後今までのもちょっと入れて考えて欲しい。

  • 私は良かったけど、お腹は、痛いっていう人いないの??(深く手を入れるから)➡いないです。私が痛くないから。これ、何度も練習してきました。私はお腹、痛いのばっかりされてきたので怖くて、だから施術の中にも入れてこなかった。でも、絶対にいいので、やります。ちなみにこの方はお家に帰られてから「出た」そうです。

  • う~ん、いいんだけど、私には弱いかな。頭をもっとやって欲しい。フェイシャルはすごく気持ちいい。

  • テンポが波の様(それ、とても、うれしい)

※今後も更新します。



 

■施術について

・うつぶせ(ヘッド、背中、足、肩、腕)(歪み調整※おしりのほぐし)

・あおむけ(足、痛くない腸もみ、デコルテ、フェイシャル※クレンジング有り、ヘッド、頭の中のリラクセーション)

・お家で出来る、歪み調整体操のアドバイス


その他、最初の方で呼吸を一緒にして頂きます。呼吸の深い浅いによるズレがあるかもしれませんが、その時は自由に楽に深呼吸して頂けたらと思います。ゆったりと、ベッドに体を沈み込ませてなじんで頂く目的で行います。


■力加減について

・強い弱い、という概念を超えた施術です。緊張や疲れでキツク骨や筋肉にしがみついたものを優しくけれどしっかりと、言い聞かせる様にゆっくりと動かしてはがして、その後はリンパへ流していきます。実際に心の中で、「は~い、みんなお疲れ様~出口はコチラですよ~」と言い聞かせています。


現在、色んなご意見を頂き悩み中です。来られた方のご希望と、私の見立て、お互いの欲しいものとして差し上げたいことがマッチする内容や方法を考えています。


■痛い施術があるとしたらココだけ

・施術の中で痛みを感じるところは1つ。TEKE・TEKE(テケテケ)という手技を使う所です。天使の羽(肩甲骨)がしっかり動く様になる為には欠かせないお手入れです。

背中の筋膜リリースのようなリンパドレナージュの様な施術です。セルライトはがしのイメージです。丁寧に老廃物が溜まっていそうな、固くへばりついた部分を丁寧にほぐしていきます。腰から、首の下までまんべんなく行います。特に、腰の脂肪がたまってダルンとなるあたり(若い子ならくびれるあたり)、肩甲骨の内側、そう、動かさない場所、血流もリンパも滞るところです。


・痛みの度合いは人に寄ります。気持ち良くて眠る人もいます。何度か通って頂ければ、痛みを感じる箇所は減ります。どんなに固まった筋肉をゴリゴリしていても、奥の方で冷えて固まっていればこの子はまた、周りの筋肉や脂肪を巻き込んで固まり、疲れや痛みを引き起こしかねません。なので、ここは時間をかけてしっかりとほぐし、その後オイルトリートメントで老廃物をしっかりと流していきます。


・初めての方には、翌日に痛みやだるさを感じる事もあります。私も初めておこなった時に、翌朝痛みを感じました。でも、首が回らないとか、体が動かないとか、揉み返しの様な痛みとは違います。でも、これは絶対に外したくない手技なので、どんな場合でもぜひ入れさせてください。


↓天使の羽工房の施術内容にジャンプします。技術だけでなくて、心の込め方も再現できるように。頑張ります。本当に気持ちがいいんです。


<4月からの新定価>

アロマトリートメントは、この2コースになります。

120分 16,500円(税込)

150分 20,000円(税込)

時間による違いは、それぞれの手技をじっくりやるかどうか。ひどく凝っている、ひどく滞っているなどに応じて、かける時間を変えます。

価格については決定ですが、この価格に見合った内容にすべく、今色々と内容を考えています。

時間は、施術の時間で、この時間以外に足湯や、精油のブレンドなどが入ります。

どうしたら、1度でもホッと体も心も緩んで頂けるのか・・・・、その晩良く眠れて、明日の朝、その後も気持ちよく過ごしていただけるのか・・・・それを考えています。


■全体の流れ

お出迎え

リビングでまず説明を。リピーターの方は、直ぐにトリートメントルームでお着替えをして頂きます。お着替えが済んだら、リビングへどうぞ。(ここは、リピータの方もリビングで一息つくかすぐに着替えて足湯かを選べるようにしたいと思います。)

足湯

足湯をしながら、精油のチョイスをします。20分~30分かかります)お一人お一人に合わせて3∼5種使用。濃度は1~2%にします。過去に、精油の利用をされてる経験があり、ご自身の責任は発生しますが、その日の不調により濃い濃度にすることは可能です。ご相談ももちろん承ります。残ったオイルはお持ち帰り頂けます。

トリートメント

天使の羽工房で学んだ技術で行います。頭から足の先、腸、デコルテ、フェイシャル、ヘッド・・・・全身くまなく、へばり付きをはがし、ほぐし、流し、整えます。(現在さまざまなご意見頂戴しております。モニター中は、これでいきますが、選べるようにしていきたいと思います)

アフタードリンク

ゆっくりとお着替えされてください。お手洗い、洗面所もご自由にご利用ください。お化メイクもゆっくりとされてください。お飲み物と小さなオヤツをご準備させて頂いております。もう少し「ホッ」としてお帰りいただけたらと思います。


 
どうして、ロングコース2つするのか。
  • お客様のご希望のほとんどが90分と120分。このサロンはロングコースのご利用が多い。

  • フェイシャルをご希望される。肌ケア目的もあるが、多くは顔のコリ。フェイシャルというよりも歪みほぐし、ツボ押しが多かった。

  • 強モミ、短時間の施術のご希望もあったが、1日お1人さまを考えると、60分でも150分でもお一人様に使うタオル、精油の量は同じ

  • お急ぎの方はほとんどいらっしゃらなかった。急ぎの方は、そこは使い分けでクイックマッサージに行かれている。

今までと変わる事は?
  • ベッドのフェイスホルダーをやめて、ベッドにある穴を利用することにしました。前よりも楽にお顔を置いていただけると思います。

  • 事前のコンサルシートの記入をやめました。初回だけご住所などご記入頂きます。そのほかは足湯をしながらお伺いする形にします。まず先にお着替えをして頂いてゆっくりと足湯に入って頂きます。


あとは今のところは、ほぼ一緒です。今後も工夫しながら、良い様に進化できたらと思います。春のReスタートに向けて頑張らせていただきますので、今後とも、どうぞどうぞ、宜しくお願い致します。


お部屋のライトは暗くします。湿度、温度、は高めです。

途中でお手洗い、お白湯の水分補給、鼻や咳が出てくる、血流が良くなって痒みが出てくる、いびきをかく、ガスが出る、お腹が動いて音がする、涙が出てくる、しゃべりたくなる・・・いろんな事が起きてくると思いますが、体が要求することは行いましょう。私も出来る事は何でも対応させて頂きます。



 

<余談>

価値感のお互いのバランスを保つための金額

「先生です、セラピストです、エッヘン」とかどちらでもよく、そういう人も苦手です。私が良く言う「ホリスティックに人間を見る」と、目の前の方はもしかしたら自分よりももっといろんな経験をされて、もっといろんな知識をもっておられて、凄い向上心をもって今日いらっしゃっているのかもしれない。いやそうに違いない。その方がご自身のプラスになると思ったから、私の発信している事に興味をもってきてくださっている。私がいつも目の前の方に緊張するのは、そう考えるから。


今日の私の提供するもの(勉強とか、トリートメントとか)に「妥当」と判断されてお代金を頂いているので、「自分が気持ち良く働ける金額」を設定した手前、ものすごく緊張もします。


お金を払ったからお客様がえらくなるわけでもなく、神様になるわけでもなく、また私が先生だからえらくなるわけでもなく、単純にそれはそれぞれの立場の名称なだけだと思うんです。上下関係なんじゃなくて、左右のバランスが対等になっているというところが心地いいんです。


お客様を大事に・・・なんて当たり前で、お客様どうこうじゃなくて、目の前の人はみんな大事にする。ただ、私をツラい気持ちにさせる人に対して「大事」になんて出来ない。だから「大事にしたいと思えるお客様」に来て頂きたいから努力をするんです。


内容と対価というバランスがとれた立場の中でお互いが心地よく過ごすものを作り出す。そうしながらお互いが良いもになっていけたら・・・。そんなことを思って金額と内容を考えています。

10年後にもこの仕事をしていたい。その時は今よりももっと良いものを提供できるようになっていたい。その為に、今日よりも明日、いいものに進歩していたいと思います。