心のオンライン相談~セラピストcafe~/「つらい過去」は、目的という名前の「フタ」をして前へ進む

最終更新: 6月14日


有料相談サイト

「セラピストcafe」に登録した事に際して

たくさんの意見を聞きました。


・なんで有料なんだ。

・お金払ってまで、相談とかしないだろう。

・人の為っていうならば、無料でしたらいいのに。


ま、ここまでストレートには言われませんでしたが

「今はね~、無料でも色々しているよね~」というお言葉を頂きました。


コロナ自粛の時に、ママさんたちが30人ぐらいで

無料ZOOMで交流している様子がメディアで取り上げられ

「話せて良かったです!」「少し心が軽くなりました」「私だけじゃないんだなと安心しました」

と、笑顔のママさんに

「ほんまかいな?」と、思ってしまうのは私だけでしょうか?


いや、それで楽しかった人はいいんです。

「良かった!うちだけじゃない!頑張ろう!」

そう思えて「本当に」笑えるなら、それで何よりなんです。


でも、

「こんな些細な悩みが、私の最大の悩みなんです」

=「幸せのアピール」じゃないの??

こう取る人も、いると思う。


自分自身が子育てにつまずいて、ふとママ友に相談した時に

(聞くしかできないけどさ、良かったら話してみない?と誘われて)


「いや~ウチもさ、悩むよ~」と話してくれた悩みの内容は

「反抗期でいやになっちゃう」

「この間もさ~・・・」

いや、アンタ、聞くだけって言ったよね。

しかも、そんなレベルの悩みじゃないのを聞いても分からないの?

という、結末になるのですが


「普通の精神状態ではない人の話を聞く覚悟もなく、興味本位で聞いてしまった」彼女の失敗と

「普通の精神状態ではない事を自覚せずに、普通のママに話してしまった」私の失敗という

コラボから発生した最悪のシナリオなんですよね。


最終的には、ボロボロになった末、

きちんとした手続きを踏み、素敵な臨床心理士さんに出会い

「自分の話をちゃんと聞いてもらうと、本当に楽にる」事を体験する事になるのです。

出しつくしたその先に「結局、腹をくくって答えを出すのは自分。やり直しは何度でもきく。」という、シンプルな答えを出す事ができ、今の私があります。


話それましたが・・・・かなりそれましたが

そう、

無料は、たくさんの人が集まる

無料だから、と言いたいことを遠慮する人もいる

無料だからと、厚かましい人も発生する

色んな人が来すぎて

喋りたい事が喋れなかったり

結局人の話だけを聞いて自分と比べて

「元気になるならそれでいいけれど、疲れて、不安が増えて終わる」

そんな可能性も多いと思っています。


だから、有料サイトにしました。

そして、私の講座は全て基本マンツーマンです。


色んな質問をしてくる人にも今は、

「ごめん、お金払って講座に来る人、相談に来る人もいるから、全部を伝えられない」と説明させていただいております。

「あなたとは、お金払わないと喋れないのよね~(笑)」と言われたこともありますが

そういう人ほど、先に述べた「私の大変な話を聞くふりをして、自分の話を聞かせる」人なんです。

はい、自然と、さようならをしました。


私は、何の因果か

100人に1~2人しか感じていない「孤独」「不安」を体感した事が何度かあります。

1%~2%・・・、世の中の全部のツラい体験はしたことはありませんが、

人が「大変そうだね~」っていう、親にも分かってもらえないような経験はいくつかしています。

だから、ざっくりと大きい意味で「少数派の孤独の経験」と説明します。


例えばあまり、大きな声でいう事ではないんですけど・・・いじめに合った事があります。​


「積み木くずし」の時代の話です。でも、中学は皆勤賞でした。学校で登校時に机が廊下に出されているよりも、黒板一面に悪口を書かれるよりも、親に言ったら怒られる方が怖かったから。


そんな私が母親になって上手に子育てが出来るはずもなく、大変不器用に子育てを致しました。

世間体だとか、親の希望だとか、そんな綺麗ごと、小手先では出来る訳のない「子育て」。だから我が家は親も子も、みんな必死で、人間丸出しで乗り越えました。


今思えば、原因は私自身が、「母」と「娘」という立場に挟まれて、縦にべリべりと裂かれ

そうしてたどり着いたのは、ただ「そのまんまで、生きていていい。心地いい場所で生きよう」


なんとシンプルで、簡単な発想。そう自然と同じなんですよね。嵐も来るし、虫にも食われるけれど、もともと植物(人)は、不都合な事から身を守る術を備えています

え?えっと、今ですか?娘2人は「そのまんまで、生きていていい。心地いい場所で生きよう」、と、毎日を生きています。もちろん毎日を悩み、考え、改善し、また元気に歩き、悩み・・・を繰り返して自分たちの血肉にしています。ちょっとずつですが確実にその頃の私よりも大人です。経験値も豊かです。多分同世代よりもずっと、物事を俯瞰して見る術を持っています。


私は娘たちを、最後に私を大人に成長させてくれた女性たちとして大変リスペクトしています。

幼いのに、たくさんの言葉で私に分かるように色んな事を教えてくれました

結局、何か起きたら、どうなっているから困っているのか、それを気を付ける素直さを持つだけで改善れます。

改善=相手に合わせる、自分を殺す、と言う事ではありませんよ。


そして、自分の親とは分かりあえてはいません。でも、それは両親の「親としてのプライド」だと思い尊重はします。自分の子供と同じように親にこれが腹が立つと伝えたら、「雅子はいったいどうしたの??」でした(笑)

いいんです、私は今幸せですから。毎日爆笑しながら生きられている。それが全てです。


CMの中の様な仲良しの親子が「正解」の形ではありません。子供のあるなし、結婚のするしない、離婚、不倫、不登校に、非行、全て=「悪」ではありません。

(決して不倫しろ、離婚しろ、非行に走れと言っていませんよ。これからどうしたいかの目的を見つけて先へ進もうと自分を持って行けばよいと言う事です。)


自分の今が幸せになるように、進化する。植物と一緒です、「何か違和感があるなら、どうにかしよう」の方法が探せる様に、お話を伺いたいと思います。方法は自分で見つけなければなりません。

「人から見て羨ましいと思われる形」=「幸せの正解の形」ではない事も知っています。

だからこそ、話をとことん伺いたいと思います。

​オンライン相談・・・顔も名前も言わなくても、良いシステムになっています。もちろん目を見てお名前を呼ばせて頂ければ尚嬉しいですけれど、とにかく、「話す事で整理がつく事もある」を体験した私だからこその聞き方をしたいと思います。


セラピストcafeに「アロマティコ@香川」の名前で登録しています。

そちらから、どうぞお申込み下さい。




8回の閲覧

​営業時間

 

9:30~21:00

​*時間外応相談

​*不定休

Wix.comで作成。有料プランです。

​HP作成のお手伝いもしています。

アクセス

 

香川県高松市屋島中町

駐車場2台

​(詳細はお申込み後にご連絡します。レグザムフィールドの近くです)

コトデン潟元駅 徒歩5分

JR屋島駅 徒歩15分

高松自動車道 

​高松中央ICより20分​